日向灘の地震が南海トラフ地震に影響を与えているのか

日向灘での地震と南海トラフ地震

2019年5月10日8時48分に、 震度5弱(M6.3)の地震がありました。

日向灘は、南海トラフに関係している場所となっているので今後の影響が気になるのではにでしょうか。

日向灘での地震

日向灘は、過去に『日向灘地震』と命名されている地震プレートがあることでも有名です。

そして、日向灘のプレートでは定期的に大規模の強い地震が発生しています。

日向灘地震
・1931年 11月2日   M7.1
・1939年 3月20日   M6.5
・1941年 11月19日 M7.2
・1961年 2月27日   M7.0
・1968年 4月1日     M7.5
・1969年 4月21日   M6.5
・1970年 7月26日   M6.7
・1984年8月7日      M7.1
・1987年3月18日    M6.6
・1996年10月19日  M6.9
・1996年12月3日    M6.7

今回発生した、M6.3の地震が23年ぶりの日向灘での大規模地震になるわけです。

久しぶりのM6以上クラスの地震ですが、日向灘では珍しいレベルではないことも分かります。

M7.5クラスの地震は、200年に1度の間隔で発生するとされているので、前回が1968年ですからまだ間隔的には発生しにくいようです。
とは言っても、必ずではないので予想よりも早く発生する可能性もあるので油断はできません。

2019年5月の日向灘での地震の特徴

2019年5月10日8時48分に、震度5弱でM6.3の地震が発生しましたけどその直前の7時44分震度3の地震が発生していました。

震度3なのでそれほど揺れるものではなかったのですが、結構長く揺れる地震でした。
その約1時間後に、震度5弱の地震が発生したわけです。
その時に、桜島が噴火するようなドーンッ!!という激しい音を聞いた人が何人かいましたが、その日は桜島は噴火していないのでその音の原因は不明です…

2019年5月11日8時59分に余震と思われる、震度4でM4.9の地震発生。
しかし、震源地は東にズレて南海トラフ寄りになりました。

さらに、2019年5月12日15時7分にも、震度3でM4.3の地震が発生しました。
この地震もまた、四国よりで南海トラフに近い震源となっています。

さらに続いてではないですが、2019年5月15日14時29分震度3でM5.5の地震が奄美大島北東沖の震源で発生しています。

震源地が移りながら発生しているので、この辺り一帯のプレートに異変があるようですね…

日向灘での地震は南海トラフと関係があるのか

こうなると心配なのは、南海トラフ地震発生に影響があるのかということですよね。

そもそも、日向灘での地震のプレートは南海トラフ地震の一つとなる南海地震のプレートと隣接しているものです。

なので、南海トラフ地震の前兆とみられる地震が発生した時に行われる「南海トラフ地震に関する評価検討会」になる地震となるわけです。

今回は、その条件にギリギリ入っていないという事ですが、もはや近い状態でした。

詳しい条件については「南海トラフ地震が近い!?対策と備えが必要なのはいま!!」に載せてありますので参照してみてください。

南海トラフ地震への前兆か

今回の日向灘での地震は、南海トラフ地震の前兆とみる専門家もいます。

日向灘での地震の前には、地震雲が発生していました。

そして、実際に日向灘で地震が発生したのですが、今度は5月14日から15日にかけて地鳴りを聞いている人がSNSで多数の投稿されました。

それが、今後の南海トラフ地震などの地震と関係するのかは不明ですが、このタイミングでの地鳴りはちょっと怖いですよね…

間違いなく言えることは、南海トラフ巨大地震の発生は間違いなく近づいているということです。

すぐ隣のプレートが動いたのですから、影響がないわけがないですからね。

南海トラフ地震の前兆も公表は慎重

もし、日向灘の地震が南海トラフ地震の前兆まではいかなくても、なんらかの影響があったとしても公表は慎重になっていると思います。

なんと言っても東京オリンピックが近づいているので、巨大地震がもう間近といったイメージは付けたくないでしょうから、可能な限り情報は最小限にとどめられることでしょう。

前もって不安をあおる情報を公表していまえば、変にパニックになって経済が混乱する可能性もあるので、公表される情報の時には重大な事になっていると思っていつでも動ける準備をしておきたいものです。

まだ、地震対策や避難グッズなどの準備をしていないなら、この機会に最低限の準備をしておくことをお勧めします。

南海トラフ地震が近い!? - 対策と備えが必要なのはいま!! -
南海トラフの発生が近いのは、「巷のウワサ」と程度に思っているなら要注意です!!日本の政府が前もって、南海トラフに備えて色々と発表してきていますから。それだけ懸念されている実際に間近に起きる確率の高い大規模災害だからです。その一例と...
南海トラフや巨大地震に備えて非常用の保存水を無駄なく準備するおすすめの方法
防災用品で必ず入れておくべきものは、「水」と「食料」ですよね。 なんと言っても命に直結しますから。 特に水は、気候にもよりますけど3日飲まないと死んでしまうほどとても重要なポジションにあります。 さらに言うなら...
南海トラフに備えるために防災リュックセットはどう選ぶ??選ぶためのポイントは!?
災害が起きた時のためにできる身近な備えと言えば、「防災リュック」ですよね。 特にいまは、「南海トラフ地震」が注目を集めていますけど、「首都直下型地震」、さらには北海道東部にある千島海溝は破壊的な規模の被害となる地震はどれも発生確率が7...
長期的な停電が続く時に役立つ方法とアイテムたちは普段の生活やアウトドアでも使える!!
台風や地震などで、大規模災害になると問題になるのが停電ですよね。 現代社会において、電気がない世界など考えられない生活が当たり前となっています。 オール電化は、特に停電になると痛手が大きいですよね。 実際に、台...
南海トラフ地震への影響がある地震たち??
ここ一ヶ月の間に、海外で大きい地震がちょこちょこ起きていますね。日本でも、南海トラフの発生の可能性が引き上げられたのもあるので、海外で大型の地震の影響を無視する事はできません。様々なプレートで影響を及ぼして合っているので、南海トラフ...
北海道震度7「北海道胆振東部地震」は北海道沖超巨大地震の前兆??
2018年9月6日午前3時に北海道胆振(いぶり)地方で発生し、「北海道胆振(いぶり)東部地震」と命名された震度7の地震。台風21号(チェービー)が猛威を振るった後に、立て続けの災害となってしまいました。しかし、北海道にはまだ超巨大地...
阿蘇山が噴火!!今後は大丈夫??
2019年4月14日に、熊本県の阿蘇山の噴火警戒レベルを1から2の「火口周辺規制」へ引き上げていました。その矢先に噴火が…阿蘇山の噴火2019年4月16日18時32分ごろに中岳第1火口から噴火した阿蘇山。...
揺れる熊本...熊本地震の余波と別の地震
2016年4月14日21時26分頃に熊本県で発生した『熊本地震』。震度7を観測する地震で、立て続けに震度7の地震が発生した珍しいケースで多大な爪痕を残した地震となっています。その後も続けて、「6強」の地震が2回、「6弱」の地震が3回...
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自然災害
シェアお願いします
よろしければフォローもお願いします
災害対策know the

コメント

トップへ戻る