今年最後の上陸になるか!? – 台風21号LAN –

台風21号接近

ここのところ、グッと冷え込む日が多くなってきましたよね。
すっかり秋を感じる季節となりましたが、台風21号がどうやら接近してきそうです!!
※今後接近や上陸など情報を更新していく予定です。

久しぶりの台風接近か!?

今年は、7月に台風が一気に増えてから8月が大して台風の気配がなかったですよね。

かと思えば、9月に入って台風18号が各地に大きな影響を与えました。
全国的と言うよりも、局地的な被害が大きかったですが、日本全国に影響を及ぼす台風だったので印象が強い台風でもありました。
ブーメラン台風と言った方が、思い出しやすいかもしれませんね。

台風18号 - まさかのブーメラン!!過去にも… -
9月9日に、マリアナ諸島近海で発生した台風18号 (タリム)ですが、進路はこのままを先島諸島を抜けて行くと思っていたら、まさかの急カーブの予報に!! ※現在の状態と目立った変化は、毎日更新して足していきますので、目次から飛んでいただけ...

今年は台風が少なかった??

今年の台風は、平年よりも少なく感じませんでしたか。

私もそう感じた一人でして、8月の終わりには「あれ??台風こないなぁ…」と感じたので、その時に平年のデータを調べて「台風が来ない?? – 2017 –」として取り上げさせていただきました。

台風が来ない?? - 2017 -
クセの強い台風5号が各地で被害をもたらしてから、あっという間に1ヶ月が過ぎました。 それからと言うもの、今年は全く台風がかすりもしてないと思われませんか?? もう少し台風について耳にするはずが、ここのところはパッタリです。 被害がない...

しかし、その時はあまり皆さんの関心がなかったので、とても不評な記事として埋もれていく悲しい事態となっていたので、あくまでも自分が個人的に感じただけなのたろうと思っていました。

 

と思っていたら、9月の終わり頃からずっと注目を集め始めて、一気に人気のある記事となっている今日この頃です。

やはり皆さんも、今年は体感的に台風を少なく感じているですね!!

 

実際のところは、以前まとめたデータからすると…
平年並みのペースみたいですね(笑)

ただ、7月にまとめて発生してから、ポツポツと発生する台風はほとんどの台風が中国大陸の方に行ったいるため、天気予報などでもあまり見かけることがなかったので、今年は少なく感じたようです。

そう思っていたら!!
台風21号の接近だけにとどまらず、本州上陸が濃厚になっています。
時期的にも、2017年最後の台風上陸となるかもしれませんね…

台風21号は接近だけでなく上陸も!?

進路は本州に向かいそうだという事で注目を集めていますが、名前が私たちに馴染みある「LAN」という事ともあって、注目を集めるものとなっていますね。
ちょうど0無線LANのWPA2の脆弱性が問題視されているため検索キーワードで、違う意味でも

台風21号の「LAN」という名前は、マーシャル語で「嵐」となっていますから無線LANのLANとは全く関係がないので、たまたまタイミング的に人気のキーワードがかぶってしまったようです。

 

また、台風18号の時にコロッケを買い込んだと話題となり、今回の台風21号でも「台風コロッケ」として注目を集めています。

そのためイオンが、台風の進路に合わせて通常よりもコロッケを5割多く用意するそうです。

 

そんなマメ知識はさて置き。
台風21号の今後の動きを把握しておきたいですよね。

台風21号の進路と規模

 

2017年10月18日現在の気象庁が発表している、進路予想図と台風の状態です。

台風の進路や、風の強さの目安は以前の記事を参考になると思います。

台風 -どこへ行くの?台風情報で知る -
大雨や暴風によって、毎年必ずと言っていいほど何かしらの被害をもたらす「台風」。最近では、進路が九州沖縄地方よりも、本州のあちらこちらに上陸したり、北海道に上陸したりと、今までにない被害をもたらしています。いつ、自分の所に上陸するかわから...

台風21号10.18時点

18日18時の気象庁の実況
強さ 強い
存在地域 フィリピンの東
進行方向、速さ 北北西 20km/h
中心気圧 970hPa
中心付近の最大風速 35m/s
最大瞬間風速 50m/s
25m/s以上の暴風域 全域 90km
15m/s以上の強風域 南側 560km
北側 390km

現在の予想だと、22日(日)頃に沖縄に近づきそのまま北上していきそうです。
地域によっては、稲刈りシーズンなので稲刈り前だと被害が拡大しそうですね…
この時期は、秋台風なので移動速度が速く、大雨を降らせる可能性が高くなりますから。

そして、もう一つの危険要素として、秋雨前線との相乗効果で局地的な大雨が起こる可能性があることです。

秋雨前線17101818

まだ、進路や状況はどう急激に変わるかはわからないですが、現段階での気象庁の予報では、以下のように勢力をかなり拡大する見込みがあるようです。

21日15時の予報
強さ 非常に強い
進行方向、速さ 北 15km/h
◆中心気圧 920hPa
◆中心付近の最大風速 50m/s
◆最大瞬間風速 70m/s
◆予報円の半径 310km
◆暴風警戒域 全域 540km

現段階の気象庁の予報では、920hpaまで勢力を強めるとみられています。
台風18号の時のように、実際にはここまでの勢力でないとは思いますが、いまから上陸のつもりで前もっての台風対策をしておくに越したことはないでしょう。

10月20日の予報

台風21号の予報10月20日

20日21時の実況
◆大きさ 超大型
◆強さ 強い
◆中心位置 北緯 20度00分
東経 130度20分
◆進行方向、速さ 15km/h
◆中心気圧 950hPa
◆中心付近の最大風速 40m/s
◆最大瞬間風速 60m/s
◆25m/s以上の暴風域 全域 220km
◆15m/s以上の強風域 南側 950km
北側 750km

勢力的には、950hpaを維持するような形でこちらに向かってきています。

スピードは15km/hですがジェット気流に乗ると一気に加速してくるのが、秋台風の特性なのでいまは大丈夫でもあっという間に加速してきます。
このジェット気流に乗るタイミングで、どこに上陸するかも変わってくるのですが、関東はかなり濃厚なルートになりそうですね…

あと、かなり離れていても影響がかなり強くでるとされているので、住んでいる場所に上陸はしなくても、暴風と大雨にご注意を。

一番気がかりなのは、実りの秋だけに農家の方の被害が最小限で済んでくれればいいのですが…
農作物によっては、うねを上げて排水を良くして対策をしている所もあるようですね。

10月22日

台風21号の予報10月22日

22日21時の実況
大きさ 超大型
強さ 非常に強い
存在地域 潮岬の南約160km
中心位置 北緯 32度05分(32.1度)
東経 136度10分(136.2度)
進行方向、速さ 北北東 50km/h
中心気圧 945hPa
中心付近の最大風速 45m/s
最大瞬間風速 60m/s
25m/s以上の暴風域 全域 280km
15m/s以上の強風域 西側 1300km
東側 750km

現在の段階で避難指示がでている所が、千葉、東京、福井、三重、京都、大阪、奈良、和歌山、山口、徳島、香川となっています。

避難勧告は、茨城、神奈川、石川、山梨、静岡、愛知、滋賀、兵庫、鳥取でさらに広範囲で出ているので、今晩は油断のならない夜となりそうですね…
避難準備は、岩手、福島、栃木、埼玉、長野、岡山、広島、愛媛、高知、大分となっています。

三重と奈良では、河川洪水氾濫が発生しているので被害拡大が心配ですね…

和歌山、滋賀、京都、大阪でも河川洪水氾濫の危険な状態になっていますので、気が抜けない状況となっています。
特に、淀川水系日野川は氾濫危険情報が発表されていますので、常に最新の情報に注意しつつ早めの避難が必要になりそうな状態です。

22時45分には停電のため、岐阜羽島と米原間で東海道新幹線が運転見合わせとなっています。

 

これから、23日の朝にかけて関東から北陸にかけてさらに被害が拡大すると思います。
今晩は、眠れぬ夜となりそうですね…

また、北海道では台風の影響で、大雨や暴風に加えて大雪や吹雪になる可能性があるようなので、警戒が必要となっています。

 

異常気象で台風異常発生?? - 観測史上珍しい台風発生数まとめ -
2018年は、次から次へと台風が発生したため台風異常発生と言われていました。 ニュースなどでも、台風の発生は異常に早いと話題になりましたけど、実際のところはどれほどペースなのでしょう?? しかも、どれぐらい多いものなのでしょうか??...
台風の目によって危険度が違う!?
天気予報で、その台風の情報を聞いていると「今回の台風は非常に強く台風の目がしっかりした台風です!!」といった表現を聞きますよね。 台風に人間のような目があるの??って思ってしまう表現ですけど、実際の台風の目とはどういった意味で...
火災保険を申請するための手順とは
マイホームを持っているなら、必ずと言っていいほど火災保険に加入していることでしょう。しかし、違う意味で火災保険が必須となっています。最近は、台風、大雨による被害や水害、大雪や竜巻などの自然災害が増えているからです。火災保険は、火事より...
火災保険は比較サイトでしっかり選ぶべき!!
台風や大雨の影響で、家が被害を受けることは珍しくありません。しかも、ここ数年の台風は、「台風の通り道」だった沖縄から九州を抜けていくルートではなくて、いきなり近畿地方や関東に強力な台風が行く時代となりました。台風21号(チ...
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
気候自然災害
シェアお願いします
よろしければフォローもお願いします
災害対策know the

コメント

トップへ戻る