台風や大雨の被害も火災保険でOK??保険がしっかり下りるためにすべきこと!?

増えている自然災害

台風や大雨の影響で、家が被害を受けることは珍しくありません。

しかも、ここ数年の台風は、「台風の通り道」だった沖縄から九州を抜けていくルートではなくて、いきなり近畿地方や関東に強力な台風が行く時代となりました。

台風21号(チェービー)がまさにその台風被害の痛々しい一例です。

 

他にも、2017年に起きた「九州北部豪雨」や2018年の「西日本豪雨」も、雨による被害となりました。

記録的大雨といった言葉も、いまでは当たり前となってしまっていますし、「今までに経験したことのない雨」といった表現も1年の内に何回か耳にすることがあるほど被害を被る災害です。

 

2018年2月に北陸・福井で発生した大雪も、予期せぬ大きな被害となりました。
福井市では、1981年の「五六豪雪」の大雪以来の130センチを越える積雪となるほどでした。

 

 

そうした台風、大雨、大雪の被害は、火災保険が下りるって知っていましたか??

でも火災保険を、自分で申請するともらい損ねているパターンが結構多いんですよ。

大規模被害から小規模の被害まで、確実に火災保険が下りるために代行してくれるプロがいます!!

被災時の火災保険の請求申請は面倒…

以外と、台風や大雨や大雪といった最近増えている災害に、火災保険が下りことを知らない人が多いようです。「火災保険は火災だけ」とか「雷はOK」といった感じで覚えていたりしますからね。

もちろん、保険会社やプランにもよりますけどほとんど場合、台風や大雨や雪、さらに雹(ひょう)に対して保険が効く、風災、雪災、雹(ひょう)災に対応しています。

 

火災保険 = 火災、雷、台風、雨、雪、雹(ひょう) OK!!

となっているんですね。

しかし、台風や大雨や大雪の被害を申請して相応しい保険料をもらうのは簡単ではありません。

その被害に応じて査定した結果で、保険が下りるからです。

 

家や壁などが被害を受けた時に明らかな被害がでているなら申請もしやすいですけど、パッと見では分かりにくい事ってありますよね。

特に、屋根が傷んで雨漏りがしてきたといった被害だと、自分で確認して特定するのは一苦労です。

 

しかし、被害状況を確認して正確に調べないと保険請求が通らない場合もしばしばなので、しっかりとチェックしなければいけません。

なので、被害状況の正確な確認はなかなか自分でするには難しいところがあります。正確には業者の人に見積りをしてもらうのですが、ある程度の状態をしっかりと伝える必要があります。

 

さらに、火災保険の申請は人によっては厄介で難しいという声も…

一般的に難しいと言われている理由として、こういった声が多いです。

  • 被災による損傷か経年劣化によるただの劣化なのか判断が難しい
  • 被害箇所を見下ろしたらその分は保険が貰えない
  • いつのどの災害の時に被害がでたものなのか具体的に特定する
  • 保険会社や被害の鑑定人とのやり取りが大変
  • 業者にお願いすると高くつく

などいった理由で、結構泣き寝入りする人が多いのです。

申請がきちんと上手に出来ていないと、申請が通ったとしても本来貰えるべき額で下りずに減額されたり、申請自体を却下されるといったことにもないわけではありません…

もちろん、誰がどう見てもはっきり分かる被害ならまだやりやすいのですけど、業者の人に見積書を書いてもらうのに、もし見落とした分があった場合はその分の保険は下りません。なので、ちょっとした被害だったりだと手間や面倒を考えると、

「まあ、これぐらいなら大したことないしいいかなぁ……」
なんて気持ちにもなるわけです…

 

そのため、実際に台風や大雨や大雪の被害に遭ってしまった時に、火災保険が下りることを知らなかったり、下りるのは知ってはいても面倒なので諦めている人が多いのが現実。

せっかく火災保険を払っているのだから、相応しい補償を受けなければ意味がない!!

でも、台風や大雨、大雪でちょっとした被害で火災保険を請求するだけの価値があるのでしょうか??

自然災害で火災保険を申請する価値がある??

火災保険を申請するだけの価値があるのか

火災保険を請求して実際どれぐらいの額が下りるのでしょうか??

それ次第では、大きな損害がでていないのであればわざわざ面倒な請求をするだけの手間がもったいないですしね。

 

「火災保険なのだから、火災の時にしっかりと下りてくれればいい!!」

という方もいると思いますが、自然災害での火災保険が下りる額を知ったら損していると感じるはずです。

保険は貰うために入っているのであって、無意味に支払い続けることの方が損ですからね。

火災保険は条件によって違いがありますけど、火災を始め、風災、水災、ひょう災、雪災で被災した時に保険が下りるものに加入している場合だと、そもそも自分がいくらぐらい支払っているかご存じですか??

火災保険相場表

が大体の火災保険加入の相場となっています。

マンションの人にとってはそこまで気にならかもしれないですけど、一戸建ての人にとっては長い目で見ると結構な額を支払っているので、請求できるなら請求しておいた方がいい額ですよね。

火災保険で実際に下りる額の目安

では、実際に保険を使うとどれだけの額が下りるのでしょ??

その具体的な額次第では、多少面倒でも請求しようといった気分になると思います。

 

場所や築年数、損傷具合によってかなりの差が出るためはっきりとした額を取り上げるのは難しいのですが、雹(ひょう)で窓ガラス割れたりするだけでも修理費用に10万円を軽く超えたり、台風や大雪で屋根が割れたり剥がれたりすると100万円の規模になります。

大規模災害にもなると、1000万円を超えて保険が下りることもあるので正確な調査が重要になってきます。

 

そもそも保険は、損害を相応しく補償するためのものです。

 

一戸建てが払う10年間の火災保険の高い額だと約23万でした。
保険の条件にもよりますけどちょっとした被害でも修理代は高くつくので保険がおりて治せれば、「本当に本当に保険に入ってて良かったぁ♪」って気持ちになりますよね。

 

そうです!!
そのために、保険に入るのですからちゃんと活用しないと意味がないです!!

 

ここで少し話しを戻しますと…

それだけの額が下りてちゃんと修理できるなら、面倒ではあっても頑張ってみよう!!
しかし、自分で請求して本来の額が下りなかったら…
でも書類やらなんやら大変で、分かりにくそう…

大丈夫です!!

火災保険を申請する時の強い味方

面倒で大変なことなら、専門の業者に頼べばいいだけ。
でも、それってどこに頼みます??あまりピンとこなかったりしませんか??

それもそうですよね。
台風や大雨や大雪で被害に遭うとしても、一生の内に何回とあるものでもありませんから、自分では申請が難しかったり面倒なら確実に見落としなく保険が下りてほしいものです。

 

なので、そんな時に助けになってくれる強い味方となるプロがいます!!
台風、大雨、大雪などの被害に遭った時に、火災保険を代行して難しい申請をしてくれるプロです。

 

見積りだけでなく、被害の状況を調査してくれて、提出書類の作成をサポートしてくれて、さらに保険会社の立会いまでを代行してくれるサービスです。

保険申請から振り込みまでの面倒な事を全部お任せして、自分は書類を書くなどのちょっとした作業で保険が下りてお金が振り込まれるように助けてくれるのです。

 

しかも、最初の一番面倒な状況の調査作業に関しては、
なんと!!無料でしてくれるのです!!これが、何よりも心強い!!

見積でお金がかかると、それだけであまりやる気がでないですからね…

保険が下りる可能性がある所のみを、申請するように教えてくれるので無駄がありません。

 

もちろん、全部がタダではないです。
保険が下りると確定した時にのみ支払いが生じる仕組みになっています。

見積りだけしてくれる業者も、修理まで依頼してくれるのなら無料にしてくれたりするのですが、場合よっては見積だけで料金が発生することもあります。

なので、どの時点で料理を支払う必要が出てくるかは大事なポイントですよね。

支払う金額は、「下りた保険金からの39.8%を支払う」か、「下りた保険金で修繕工事を行なうか」のどちらかの選択式となっています。

 

えっ!!そんなにするの!?
赤字じゃない??

と思うかもしれないですけど、手だし金は無いので赤字になる事はまずないと約束されています。

そもそも、修繕工事費用として保険金で賄われるものですから、確実な修理ができることが重要です。
もちろん特約契約をしていれば、プラスになることもありますけど。

むしろ先程も述べたように、自分で全ての申請手続きをやろうとすると、保険会社とのやり取りで減額の方向へと進められたりしてしまうので、 貰える目一杯の額が下りるようにするためはプロに任せるのが一番なのです。

 

まさに、「餅は餅屋」といったことわざが昔からある通り!!
素人よりも、プロに任せる方が確実で良い結果になります!!

その「餅屋」ならぬ、火災保険申請のプロがこちら

 

下

お家の保険相談センター

 

しっかりとした確実な実績もあるので、安心して相談できます。
火災保険代行会社は、詐欺などの問題が多いので実績があるかは重要なところですから。

なんと言っても、まずは無料の調査から始められるので気軽に問い合わせできるのはありがたい。

 

火災保険に加入しているならば、台風や大雨や大雪で被害に遭った時に自分で確認するのが無理だと思う場合でも、諦めてしまわないでまずは相談してみましょう。

被害状況を調査するのにも、1時間~1時間半程度となっているので時間をとられるわけでもないですから。

何はともあれ、まずは!!ですよ。
せっかく払っている、この時のための保険を100%貰うためにも自分で手続きするよりもプロに頼るのが近道です!!

 

お家の保険相談センターに無料相談してみる

 

 

思わぬ額の保険金が下りる可能性があるかもしれないです!!

というよりも、被害を受けた箇所は保険でちゃんと修理しましょう!!

 

一生の内に何回とあるものでもないので、せっかく加入している火災保険をただ無駄に支払い続けるのではなく、しっかりと活用できるものは活用して、近年増えている災害に対処していきたいですね。

そして、ちゃんと修理することで次の自然災害のための備えにもなりますから。

 

コストパフォーマンス最高で人気絶頂の楽天損保の火災保険!!とにかく保険料を安くしたい人向きかも...
価格.comの保険アワード2018年版の火災保険の部で、なんと3部門で1位を獲得したのが「楽天損保」でした。 なぜ、楽天損保の火災保険はそこまで人気があるのでしょうか?? 楽天損保の火災保険の特徴 楽天損保は、2018年7...
台風、大雨、大雪、竜巻被害で火災保険をもらうために知っておくべきこと
マイホームを持っているなら、必ずと言っていいほど火災保険に加入していることでしょう。 しかし、違う意味で火災保険が必須となっています。 最近は、台風、大雨による被害や水害、大雪や竜巻などの自然災害が増えているからです。 火災保...
南海トラフ地震が近い!? - 対策と備えが必要なのはいま!! -
南海トラフの発生が近いのは、「巷のウワサ」と程度に思っているなら要注意です!! 日本の政府が前もって、南海トラフに備えて色々と発表してきていますから。 それだけ懸念されている実際に間近に起きる確率の高い大規模災害だからです。...
南海トラフや巨大地震に備えて非常用の保存水を無駄なく準備するおすすめの方法
防災用品で必ず入れておくべきものは、「水」と「食料」ですよね。 なんと言っても命に直結しますから。 特に水は、気候にもよりますけど3日飲まないと死んでしまうほどとても重要なポジションにあります。 さらに言うなら...
長期的な停電が続く時に役立つ方法とアイテムたちは普段の生活やアウトドアでも使える!!
台風や地震などで、大規模災害になると問題になるのが停電ですよね。 現代社会において、電気がない世界など考えられない生活が当たり前となっています。 オール電化は、特に停電になると痛手が大きいですよね。 実際に、台...
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自然災害被災した時
シェアお願いします
よろしければフォローもお願いします
災害対策know the

コメント

トップへ戻る