揺れる熊本…熊本地震の余波と別の地震

揺れる熊本

※イメージ画像です。

2016年4月14日21時26分頃に熊本県で発生した『熊本地震』。

震度7を観測する地震で、立て続けに震度7の地震が発生した珍しいケースで多大な爪痕を残した地震となっています。

その後も続けて、「6強」の地震が2回、「6弱」の地震が3回発生したため、あっという間に多くの建物を破壊していきました。

しかし、その『熊本地震』の影響はいまも続いているのです…

震度7を記録した『熊本地震』

震度7の地震は、そうそう発生するものはないです。

しかし、ここ最近は異常な頻度で震度7の揺れを観測する地震が発生しているため、以前まとめたことがあります。

その一つとなっているのが、『熊本地震』です。

震度7のという圧倒的な力の地震の影響で、今後も強烈な地震が発生することが懸念されているのは、『北海道胆振東部地震』と『熊本地震』となっています。

とはいっても、熊本でも地震に関しては、断層自体が活発化しているためか『熊本地震』の震源地とは違う震源地でまで大きな揺れの地震が発生し始めています。

改めて、2016年4月に発生した時の『熊本地震』の震度と発生の間隔をご覧ください。

2016年4月 『熊本地震』

・4月14日21時26分 震度7
・4月14日22時7分 震度6弱
・4月15日0時3分   震度6強
・4月16日1時25分 震度7
・4月16日1時45分 震度6弱
・4月16日3時55分 震度6強
・4月16日9時48分 震度6弱

本当に激動の1日半となっています。
そして、この地震が発生した震源地が、「益城町」と「西原村」でした。

この地震の原因となったのは、14日に起きた「日奈久断層帯」の北端部の活動と、16日に起きた「布田川断層帯」による活動でした。

この2つの断層は隣接していて、断層帯同士が連動するしたため「連動型地震」となってこれだけの強烈な地震となったものです。

マグニチュードは、東日本大震災のような超大規模なものではなかったものの逆に、震源地から離れた阿蘇地方から大分県西部にかけての地域と、大分県中部地域で地震が発生する気象庁にとっても、観測史上聞いたことない地震となったのです。

震源地から離れた場所でいまも大きな地震が…

2019年1月3日午後6時10分頃に、熊本県で最大震度6弱の地震がありました。

この地震は、一瞬『熊本地震』の余震だろうと思った人も多かったのではないでしょうか。
しかし、気象庁の発表では、今回の震源地は和水(なごみ)町なので、『熊本地震』の震源地から20キロ以上はなれているため余震とは関係のない別の地震であると発表されました。

ある意味で、余震であった方がまだよかったのにと感じます。

まだ違う心配の種が増えてしまいますからね…

さらに続けて、2019年1月26日14時16分頃、最大震度5弱の地震がありました。
また!!といった感じの地震です。

震源地は、1月3日と同じ和水(なごみ)町なので、前回の地震と関係のある余震にあたる地震のようです。

熊本県以外でも九州での地震

熊本県では、今回の地震で新たな震源地の地震となってしまいましたけど、昨年の2018年には震度5レベルの地震は発生していません。

2018年は、記録的な地震となった『北海道胆振東部地震』や『大阪北部地震』が発生していて、震度5レベルの地震においては、島根県や長野県で発生しています。

しかし、2017年には『熊本地震』の余波なのか、南海トラフ地震の前兆としての地震なのか、九州でも震度5レベルの地震が発生しています。

その地震がこちら。

・2017年7月11日11時56頃 鹿児島湾 震度5強
・2017年7月2日0時58分頃 熊本県阿蘇地方 震度5弱
・2017年6月20日 23時27分 豊後水道 震度5強

どれも、大規模地震の断層が潜んでいる場所での地震です。

やはり気になるのは、「阿蘇」ですね。
阿蘇地方の『熊本地震』のから活発化している断層に関連性がありそうですが、気になるのは阿蘇山の噴火ですよね…

阿蘇山噴火への影響は

大地震も多大な心的・身体的なストレスとなりますけど、熊本は他にも心配されるべき『阿蘇山』があります。

阿蘇山は、死火山ではなく休火山なので、いつどのタイミングでまた活発化してもおかしくない状態の火山の一つです。

そして、火山と地震の関係は切っても切れ離せない密接な関係にあります。

現に『熊本地震』が発生した半年後にあたる、2016年10月8日1時46分に阿蘇山中岳第1火口で爆発的噴火が発生しました。

それに伴って、噴火警戒レベルは2から3まで引き上げられることになり、入山が規制されました。

しかし、この件に関して気象庁は「関連はわからない」とのコメントでした。
つまり、科学的に証明できるものではないで、ハッキリとした答えは得られないわけです。

研究を進めているチームによっては、『熊本地震』と『阿蘇山』の火山活動は密接に関係しあっているので、今後も注意が必要であるとの見方示しています。

ですから、今後の地震に発生によっては、『阿蘇山』もまた活動を活発化し兼ねない状態なのは間違いないでしょう。

阿蘇山のいま

阿蘇山のいま

現在の阿蘇山は、2018年年4月24日午前8時30分に火口見学を再開しています。

いまは、噴火も落ちついて活動も緩やかになっているため、他では楽しむことのできない火山の息吹を感じることができます。

むしろ、楽しむのいまのうちかもしれませんね。

特に、新緑の季節は周辺をドライブするだけでも気持ちがいい場所なので、今後大きな地震が発生するなどの影響がない間は存分に楽しむことができる有数の地となっています。

揺れる熊本の今後

『熊本地震』に始めり、徐々にズレる震源地。

明らかに活発化している断層。

今後は、まだしばらく関連し合う断層の問題は収まることはないでしょう。

気象庁にとっても観測のデータを覆す地震であった『熊本地震』。

これから予期せぬ地震がまだあるかもしれないですね…

それよりも、南海トラフ地震の発生によって全てが繋がるのかもしれません。

南海トラフや巨大地震に備えて非常用の保存水を無駄なく準備するおすすめの方法
防災用品で必ず入れておくべきものは、「水」と「食料」ですよね。 なんと言っても命に直結しますから。 特に水は、気候にもよりますけど3日飲まないと死んでしまうほどとても重要なポジションにあります。 さらに言うなら...
南海トラフ地震が近い!? - 対策と備えが必要なのはいま!! -
南海トラフの発生が近いのは、「巷のウワサ」と程度に思っているなら要注意です!!日本の政府が前もって、南海トラフに備えて色々と発表してきていますから。それだけ懸念されている実際に間近に起きる確率の高い大規模災害だからです。その一例と...
長期的な停電が続く時に役立つ方法とアイテムたちは普段の生活やアウトドアでも使える!!
台風や地震などで、大規模災害になると問題になるのが停電ですよね。 現代社会において、電気がない世界など考えられない生活が当たり前となっています。 オール電化は、特に停電になると痛手が大きいですよね。 実際に、台...
北海道震度7「北海道胆振東部地震」は北海道沖超巨大地震の前兆??
2018年9月6日午前3時に北海道胆振(いぶり)地方で発生し、「北海道胆振(いぶり)東部地震」と命名された震度7の地震。台風21号(チェービー)が猛威を振るった後に、立て続けの災害となってしまいました。しかし、北海道にはまだ超巨大地...
日向灘の地震が南海トラフ地震に影響を与えているのか
2019年5月10日8時48分に、 震度5弱(M6.3)の地震がありました。日向灘は、南海トラフに関係している場所となっているので今後の影響が気になるのではにでしょうか。日向灘での地震日向灘は、過去に『日向灘地...
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自然災害
シェアお願いします
よろしければフォローもお願いします
災害対策know the

コメント

トップへ戻る