1000万人以上はいる??台風や豪雨などの気圧で体調が悪くなる…全部気圧のせい??

気象病で苦しんでいる人へ

台風が近づくと体調が悪くなる…実に私がその一人です。
しかし、そう感じているはたくさんおられるのではないでしょうか。最近の異常気象で台風に限らず、豪雨の時やぐずぐずな梅雨前線などの気圧の変化の時に体調が悪くなっている人は年々多くなっているように感じます。

少なくとも1000万人以上はいると言われていますけど、個人的にはもっとたくさんいると思いますよ。

いまでも、「#全部気圧のせい」でその苦労をつぶやいていますしね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台風で体調が悪くてきつい…

昔から、「雨降り前には古傷が痛む…」なんていいますけど、あれは気圧に身体が反応している「気象病」の症状の一つとなっているので、偶然でも大げさでも気のせいでもない事実の反応です。

知り合いの中には、台風などの気圧の変化で体調が悪くなっているのに気付いていない人もいました。気圧の変化で体調が悪くなるのは、現代医学でも「気象病」として認められているので、自分のパターンを知っておくと少し気が楽になります。

 

私の場合は、何度かバイク事故をしているので偏頭痛持ちで、さらに地盤陥没の事故にも遭って首が曲がってしまっているので自律神経を圧迫しているため、台風になるかならないかの時に頭が痛くなったり、吐気がしたり、身体中が重く感じたり、目眩がしたりします。他にも、場合によってはイライラしたり、舌が上手く回らないこともあったりなかったり…

特にこれらの症状がでて一番キツイのが、マリアナ付近で台風が発生した時なのです!!

ちなみに妻は、フィリピン沖で台風は発生した時に同じような症状がでます。しかも、フィリピン沖で台風になるかならないかの時に妻が反応して、私はその3日後ぐらいに身体が反応します。

さらに、小学生の娘も反応してやたらと眠ります。

 

あくまでも、体感で感じたデータで詳細に調査をしているわけではないですが、台風が近づいた時よりも台風の卵が発達して台風になった時や、台風の卵(熱帯低気圧)がいくつかできた時に体調が悪くなる人がいる多いことが分かっています。

しかも、フィリピン沖台風派が断然多いです!!

他にも、台風が近づいた方が体調が悪くなる人なったりと、特有のタイミングで体調が悪くなるパターンがあると思います。

なぜ台風や豪雨などの気圧で体調が悪くなる??

先にちょっと触れていますけど、症状は人によってはそれぞれ違う症状だったり同じだったりしていると思います。一般的に、気象病でみられる症状はまだまだたくさんあります。

ざっと例を挙げるとこんな感じです。

気象病の症状

咳、吐き気、頭痛、目眩(めまい)、眠気、腰痛、肩こり、神経痛、関節炎、リウマチ、蕁麻疹(じんましん)、低血圧、メニエール病、喘息、うつ病など。心臓発作、脳卒中を引き起こすこともある。

ここに挙げたのが全てではないので、「私は他にもこんな症状がでる!!」って場合もあると思います。

なぜこのような症状が出てしまうのかちゃんとしたメカニズムは解明されていないので、色々な症状がでてもおかしくないですからねぇ…

しかし、日々研究が進んでいるのは事実です。

愛知医科大学学際的痛みセンター客員教授の佐藤純医師

これまでの実験で、耳の鼓膜の奥にあり体の平衡感覚をつかさどる『内耳』には気圧の変化を感じるセンサーがあるのではないかと考えられます。この内耳が気圧の変化を脳に伝えて体を順応させるのですが、内耳が気圧の変化に敏感すぎると少しの変化でも過剰に脳に情報が伝わり、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうのです。

NHK 生活情報ブログ

気圧、気温、湿度などが急変すると耳の中の「内耳」が反応しきれないで、自律神経のバランスが崩れる…

人間の身体って凄く敏感にできていますよね!!ある意味で感動しませんか??
自分では見えない小さな部分一つの反応が、身体全体へと繋がるなんて本当に凄いですよ!!まあ、気象病に関して困りものですけど…

 

他の原因として、気圧が低下することで普段押さえられているもの(気圧)が弱くなることで血管が広がりやすくなるため様々な症状がでると言われています。
心臓発作や脳卒中はその顕著なひどい症状の一つですよね。血管の一部が細くなっていたりするところへ急激に血液が流れてきて、ある拍子に詰まってします…
気圧が人を殺すといっても過言ではないかもしれませんね…

「全部気圧のせい」にもできない??

健康的な食事

普段の生活習慣が不規則だったり、食生活がメチャクチャだったり、深酒が当たり前だったり、タバコを吸っていたり…などの健康的な生活がおくれていないと、ストレスが溜まり自律神経も乱れやすくなるので、気圧に敏感になってしまうこともあります。

また、骨格の歪みも自律神経を圧迫するなどして乱れの原因になるので、普段の姿勢が悪くないかを見直す必要があるかもしれないです。とりわけ、長時間のスマホの使いすぎは要注意です!!知らずに姿勢が悪くなっていたり、肩こりの原因になって血流が悪くなってしまいますから。

 

場合によっては、「全部気圧のせい」というより「ある程度気圧のせい」なのかもしれないです。生活習慣を見直して改善できるなら、台風や豪雨などで体調が悪くなるのは軽減できるかもしれないですよ。

 

ただ、事故が原因だったり、持病がある場合はどうにもならないですよねぇ…
もちろんそうした要因があっても、普段の生活習慣が大切なのは同じですけど日頃から体調が悪いとなかなか規則正しい生活なんて難しいって思いますよね。

さらに、気象病は男女比では3対7で女性に多いと言われていますから、特に女性は何かと忙しい毎日を送っていて生活習慣が崩れてしまったり、ホルモンの関係で男性にない大変さがありますからね…

生まれ持ったものが関係しているパターンもあるので、なんとも言えない辛さがありますよね(涙)

気圧の「全部気圧のせい」を脱出する!!

気象病のメカニズムの詳細が解明されていないので、ちゃんとした治療法が確立されていないです。根本治療があれば助かるんですけど…

自分に合った方法で対処されていると思うのですが、自分や身近な人が実際に効果的だと思ったものをまとめておきたいと思います。

コーヒーを飲む

コーヒーが頭痛にいい

特に、偏頭痛がひどい人には効果的です。

これは、コーヒーを飲んで落ち着こう。といったものではなくて、気圧が下がると血管が広がりやすくなるのが気象病の原因の一つとなっていると先程触れたように、偏頭痛がいつも以上に血液が流れることで痛むなら、コーヒーの血管収縮作用を使って血管が広がるのを戻すといったとても理にかなった方法だと思っています。

結構色々な人が効果的だと言っているので、手軽な方法の一つですよ。
人によっては、スーパーやコンビニなどで売っている甘いカフェオレでもいいと言っていました。コーヒーが苦手な人でも飲めたりするので、一度は試してみる価値ありですよ。

酔い止めを飲む

気圧で目眩(めまい)や吐き気がある場合に、効果的だったりします。

車酔いも気圧酔いも、耳からきているので根本は同じなので共通しているといった理由みたいです。でも、個人的には酔い止めの薬が逆に酔うので、この方法は好きではないです。

ただ、飲んでみてよかった人もいるので症状や体質などによってはバッチリくるかもしれないです。

炭酸水を飲む

炭酸でシュワっとした爽快感で気分転換になります。
しかも、炭酸は自立神経を刺激して活発化させる効果もあります。

炭酸自体に効果があるので、ビールやジュースの炭酸飲料でもいいんですけど飲み過ぎると違う意味で悪くなるので、炭酸水がおススメです。特に気に入っているのが「アサヒ ウィルキンソン炭酸」です。

炭酸水は熱中症対策にもなるので、夏にはうってつけのアイテムですよ♪

熱中症に気を付けるべきは子供とペット!!対策と予防してますか??

ストレッチをする

姿勢が悪かったり、同じ姿勢の仕事が多い人にはおススメです。
血流をよくするためにストレッチをすると症状が軽減する場合があるからです。

毎日ストレッチをするようになってから、気象病の症状が全体的に軽くなって偏頭痛の頻度が激減しました。なので、個人的には一番この方法が合っていると実感中です。

いましているストレッチは、長年のマッサージ師の方に教えてもらったいまの自分の状態に合ったものなので、自分に合っているストレッチに巡り合えるとかなり効果的ですよ。

人からは、「くるくる耳マッサージ」がいいと勧められましたよ。

寝る

寝が勝ち!!

最終手段です。
もはやスイッチをオフにして難を逃れるまで寝てしまう作戦です。
もうこれ以上の方法はないです。やらなきゃいけないことがあっても割り切って寝ます。

でも、休みでないとできないですし、子供がいるとなかなかできない究極の方法となっています。しかも、不眠の症状がでているとどうにも役に立たない方法でもあります…

最後に…

気象病だと思っていたら違う病気だった!!
なんて事もあるので、まずはちゃんと病院で診てもらうようにしてくださいね。
心臓発作、脳卒中が隠れていて、気圧が引き金になるだけの場合は、先に病院で処置しておけばよかったなんてこともあり得るので。

間違いなく気象病だという時には、「全部気圧のせい」から少しでも脱出できるように自分に合った方法を見つけて、上手に付き合いながら少しでも軽減できるといいですね。

 

火災保険は比較サイトでしっかり選ぶべき!!
台風や大雨の影響で、家が被害を受けることは珍しくありません。しかも、ここ数年の台風は、「台風の通り道」だった沖縄から九州を抜けていくルートではなくて、いきなり近畿地方や関東に強力な台風が行く時代となりました。台風21号(チ...
南海トラフに備えるために防災リュックセットはどう選ぶ??選ぶためのポイントは!?
災害が起きた時のためにできる身近な備えと言えば、「防災リュック」ですよね。特にいまは、「南海トラフ地震」が注目を集めていますけど、「首都直下型地震」、さらには北海道東部にある千島海溝は破壊的な規模の被害となる地震はどれも発生確率が70%を超...
台風 -どこへ行くの?台風情報で知る -
大雨や暴風によって、毎年必ずと言っていいほど何かしらの被害をもたらす「台風」。最近では、進路が九州沖縄地方よりも、本州のあちらこちらに上陸したり、北海道に上陸したりと、今までにない被害をもたらしています。いつ、自分の所に上陸するかわから...
台風一過でアレが大量発生!?
台風18号があちらこちらで、上陸しながら被害をもたらしていきましたが、台風一過となり晴天の所も多いのではないでしょうか。特に被害もなく台風明けとなった所でも、この時期ならではのあの問題が…台風一過となったすぐ後から…私の住...
異常気象で台風異常発生?? - 観測史上珍しい台風発生数まとめ -
2018年は、次から次へと台風が発生したため台風異常発生と言われていました。 ニュースなどでも、台風の発生は異常に早いと話題になりましたけど、実際のところはどれほどペースなのでしょう?? しかも、どれぐらい多いものなのでしょうか??...
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
気候 自然災害
災害対策know the

コメント

トップへ戻る