梅雨明け始まる!! – 2017 –

梅雨のアジサイ

梅雨の影響で大雨による災害が続いていますが毎年待ち遠しい梅雨明けは、今年はどうでしょうか?

ついに夏が本格化!!

梅雨明けの青空

今年は「沖縄」が6月22日に梅雨明けし、続いて「奄美大島」が6月29日に梅雨明けしました。

そして、7月13日に気象庁の発表で「九州南部」がついに梅雨明けしました。

平年より1日早く、 昨年より5日早い梅雨明けとなっています。

今年は、平年並みのペースで梅雨明けしているので、順調にいくと全国的に平年通りになるかもしれないですね。

平年の梅雨明けはこのようになっています。

梅雨入りと梅雨明け一覧表

北陸より北が、梅雨入りが今年は一週間以上おそかったのでその点がどうなるか気になる所ですね…

梅雨による大きな災害

九州豪雨による被害

梅雨明けは待ち遠しいですが、それまでの間まだまだ梅雨の気圧による災害も続いています。

福岡を中心とした「九州豪雨」は、大きな爪痕を残してまだまだ捜索が難航しているところですからね…

しかも、災害時を狙っての「火事場泥棒」である空き巣も出始めているようです。

本当に悲しい限りです…

 

まずは、九州北部があと数日で早く梅雨明けして少しでも状況が良くなってくれればと願っています。

 

そんな中、九州南部が梅雨明けかと思ったその翌日の7月14日には、愛知県犬山市では1時間120mmの大雨が降っており市内全域に避難指示が出ています。

気象庁は記録的短時間大雨情報も出すほどですからよほどの雨である事が伺えます。

以前「大雨 – ただの雨じゃない? –」で取り上げましたが、数年に一度の大雨が降る時に出されるとても稀なものだからです!!

大雨&豪雨はただの雨じゃない!!
普段は大して気になりませんが、最近では大きな災害の原因となるのが「大雨」。 豪雨災害ともなるほどの雨が一度に降るため、洪水被害へと発展しています。 たかが雨、されど雨… どうすれば対処できるのかをまとめました。 そもそも雨と...

今年は特に続けざまに、大きな災害が続いている状況となっています。

まだ梅雨明けしていない地域も危ない…

はっきりとした事はわかりませんが、この時期は年間を通しても大きな災害が起こりやすい時期なのは間違いないので、注意が必要です。

南西からの湿った風

「九州豪雨」も愛知県の局地的豪雨も、南西からの湿った風の影響で災害レベルの大雨を降らせている状況です。

こういった年には、さらに続けて局地的な豪雨をもたらす可能性が大いにあり得ますし、今度は台風が本格的に上陸し始めるので、天気予報やお天気アプリを活用するなどしてリアルタイムの情報を取り入れる事で、自分の身を守るようにしたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
気候自然災害
シェアお願いします
よろしければフォローもお願いします
災害対策know the

コメント

トップへ戻る