コストパフォーマンス最高で人気絶頂の楽天損保の火災保険!!とにかく保険料を安くしたい人向きかも…

楽天損保の火災保険

価格.comの保険アワード2018年版の火災保険の部で、なんと3部門で1位を獲得したのが「楽天損保」でした。

なぜ、楽天損保の火災保険はそこまで人気があるのでしょうか??

楽天損保の火災保険の特徴

楽天損保は、2018年7月2日までは「朝日火災」だったのが、現在「楽天損保」に社名が変更している損保会社です。

ホームアシスト(家庭総合保険)|楽天損保
ホームアシスト(家庭総合保険)|楽天損保のホームページです。「自動車保険・火災保険・傷害保険・積立型保険・賠償責任保険等」あらゆる保険を取り扱っています。

 

楽天損保になってから、いままで以上に人気になっているのには、それなりの理由があってのことです。

では、どんな特徴が目立っているのでしょう。

保険料が安くてコストパフォーマンスがいい!!

まずは、なんでもそうですけど他の商品と比較する時に目安にするのが料金ですよね。

火災保険を選ぶ時もやはり支払う保険料を比べることでしょう。

 

楽天損保の火災保険で一番の特徴となっている目玉が、その保険料が安いことです。

 

火災保険の加入を考えたことがある人なら、いろいろな火災保険を比較されたと事があると思いますけど、火災保険は条件によって保険料に違いがありますよね。

各保険会社は、最も安い条件で宣伝しているので、ここはちゃんと条件を合わせて比べてみて本当に保険料が安いのかを比べてみたいと思います。

 

比較するための条件は、H構造(非耐火構造)で、補償対象は火災、風災、水災、ひょう災、雪災、破損、汚染でにして条件を揃えて大手の10社と、楽天損保の火災保険との保険料を比較してみました。
※マンションはM構造になります。

この条件は、火災保険のプランの中でも、高いものとなっています。

 

火災保険の大体の相場

・一戸建て10年間の加入 174,740~212,160円

・マンション10年間の加入 32,120~39,710円

楽天損保の火災保険

・一戸建て10年間の加入  164,850円

・マンション10年間の加入 31,700円

 

確かに保険料は、一番安いですね。
一戸建てにしろ、マンションにしろどちらも保険料が安くなっています。

10年間のスパンなので、見方によってはそんなに劇的に安いわけではないですが、自分のような「とにかく安い方がいい!!」という人にとっては、もってこいの火災保険になっているのは間違いありません。

 

でも、実は今回の条件での比較は楽天損保の火災保険にとってのメリットが生かされていないプランになるんです。

楽天損保の火災保険で他社と差がつくのは、T構造(耐火性構造)で、火災、風災、ひょう災雪災、に絞った最小限のプランだからです。

 

 

では、その条件での比較をご覧ください。

 

火災保険の大体の相場

・一戸建て10年間の加入 44,980~66,450円

・マンション10年間の加入 12,550~24,700円

楽天損保の火災保険

・一戸建て10年間の加入  35,700円

・マンション10年間の加入 12,400円

 

いかがでしょうか。
最高値の保険会社に比べると、一戸建てもマンションも半額に近い保険料になっています

マンションに関しては、最安値の保険会社とそれほど差がでているわけではないですけど、一戸建ては明らかですよね。

 

つまり、楽天損保の火災保険は、補償が最小限でいい場合にはかなりお得な火災保険になっているということです。

 

新築や築浅などによってはさらに安くなりますから、特に水災の心配のない地域の場合で新築での火災保険の加入を考えている場合はもってこいの保険になり得ます。

 

これが、人気を得ている一番のポイントでしょう。

とにかく安くするために、自分でプランを考えて契約する人が増えていますし、可能な限り安いに越したことはないと考える人は多いですからね。

幅広く費用保険金も充実している

保険料が安い分、他の面が弱いと思いがちですが、楽天損保はその点もしっかりしています。

事故時諸費用、地震火災費用、災害緊急費用、損害防止費用、残存物取片づけ費用、水道管修理費用保険金、臨時費用などの費用補償があるのですが、大抵は全てをサポートしてくれるわけではありません。

このうちの3~4つ程度の費用補償が一般的になっています。

 

その点で、楽天損保はどうなのか…
以下の費用保険が用意されています。

 

災害時諸費用、地震火災費用、水道管修理費用、緊急時仮住い費用、錠前交換費用、特別費用、損害防止費用といった費用が保険でサポートされます。

 

これだけの費用補償があれば、心配もないですね。
痒い所に手が届く、そんな費用補償なので業界トップクラスを掲げているだけある充実度となっています。

これも、楽天損保が人気の特徴の一つとなっているわけです。

無料サービスまでついてくる

ここまででも、十分人気の理由がわかるレベルでしたが、さらに無料サービスまでついてくるさらなるひと押しが。

自分もその一人ですが、「無料」の言葉に弱い方も多いのでは。

 

 

とはいっても、あまり必要のない無料サービスなら意味が無いですよね。

どんな、無料サービスなのかといいますと…

 

・トイレなどの水回りの水漏れトラブル
・カギの閉じ込めなどのトラブル
・ガラスを割ってしまうトラブル
・エアコントラブル
・給湯器トラブル

 

これらのトラブル時の応急処置をしてくれて、その作業料、出張料が無料のサービスなのです。
しかも、回数制限は設けられていません!!

どのトラブルも、いざ起きた時に慌てるものですし、起こらないようで以外と起こり得るものばかりとなっていますから、こうしたサービスは強みですね。

ただ、修理ではなくて応急処置となっているのでご注意を。

楽天損保の火災保険の特徴をトータル的にみて

トータル的に見ても、確かに人気がある理由は明らかなものばかりですね。

特に、補償を最小限にしたい人にとってはとても有難い保険内容になっていると思います。
保険は、可能な限り幅広くサポートしておきたい気持ちなりますけど、必ずしも全ての補償が必要とは限りません。

 

いらない補償があると、ただ無駄に保険料を支払っていることになるので、自分の状況に合わせてどの補償が必要か見極められる人には、特に楽天損保の火災保険は向いていると思います。

 

 

安いからといって補償が弱いことはなく、むしろサポートやサービスも充実していますから、ネームバリューで人気があるわけでもないですしね。

今回取り上げた人気の特徴は大げさなものでもないので、火災保険の加入や更新時の乗り換えなどを考えているなら有力候補に入れてみてください。

 

台風や大雨の被害も火災保険でOK??保険がしっかり下りるためにすべきこと!?
台風や大雨の影響で、家が被害を受けることは珍しくありません。 しかも、ここ数年の台風は、「台風の通り道」だった沖縄から九州を抜けていくルートではなくて、いきなり近畿地方や関東に強力な台風が行く時代となりました。 台風21...
台風や大雨の被害も火災保険でOK??保険がしっかり下りるためにすべきこと!?
台風や大雨の影響で、家が被害を受けることは珍しくありません。 しかも、ここ数年の台風は、「台風の通り道」だった沖縄から九州を抜けていくルートではなくて、いきなり近畿地方や関東に強力な台風が行く時代となりました。 台風21...
台風、大雨、大雪、竜巻被害で火災保険をもらうために知っておくべきこと
マイホームを持っているなら、必ずと言っていいほど火災保険に加入していることでしょう。 しかし、違う意味で火災保険が必須となっています。 最近は、台風、大雨による被害や水害、大雪や竜巻などの自然災害が増えているからです。 火災保...
竜巻や突風被害に遭ったら何で補償する??知っておかないと絶望的…
滋賀県米原市で発生した竜巻で、負傷者4名、建物被害85件の被害がでていまいましたよね。 他にも、車がメタメタになったりと、細かい被害を入れたらキリがないほどの威力でした。 とは言っても、最近は竜巻被害は増加傾向にあるのでいつ...
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
準備する生活のトラブル
シェアお願いします
よろしければフォローもお願いします
災害対策know the

コメント

トップへ戻る