北朝鮮がミサイル発射 – 日本海に向けて –

 

北朝鮮ミサイル イメージ発射図

26日の午前6時49分頃に、北朝鮮から日本海に向けてミサイルが数発が発射されました!!

とは言っても、短距離ミサイルなので被害が起きるような状態ではないのでご安心ください。

発射されたのは北朝鮮の東部・江原道(カンウォンド)の旗対嶺(キッテリョン)付近となっていて、ここから北東に向けて約250キロメートルの飛行距離となっています。

現段階では、詳細はわかっていませんが被害はでていないようです。

過去にも短距離ミサイルの発射された場所

2014年2月27日のこの時は午後5時40分頃にやはり、短距離ミサイルを4発発射しています。

飛行距離は、200キロメートルだったので、今回の方が日本に50キロメートルほど近くになっていますね。
この時の発射理由が、米韓合同軍事演習に反発した挑発行動とされていましたが、今回も米韓合同軍事演習が21日から行われているので、やはりそれに反発した行動だと推測されています。

とりあえず飛行機や漁船など、被害報告がないのでよかったです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
生活のトラブル
シェアお願いします
よろしければフォローもお願いします
災害対策know the

コメント

トップへ戻る