日本で大麻は使われてきたはず…じゃあ大麻の何がどう悪いのか??

 

大麻の危険性に注意を向ける

時折、芸能人や有名人が大麻所持や使用で逮捕されますよね。

でも、その大麻がなぜ悪いのかご存知ですか??
日本は、大麻を普通に栽培していた歴史があり、色々な分野で大麻を使用していましたからね。

 

なので、なぜ大麻が日本で禁止されているのか、正しい理解を求めて今回はそんな疑問をクローズアップします!!

大麻が昔から活用されている分野

大麻は薬物として全面的に危険なイメージが強いですが、日本では古くから活用されてきた生活に密着した植物でした。

繊維素材、薬、食品として、大麻は生活日常品として活用されてきたのです。

繊維がとても豊富で強い

繊維素材として活用

繊維素材

麻紐』は、現在でも色々なところで使われますけど、その麻紐が大麻からの出来ているって知っていましたか??

色染めされたものなどバリエーションがあって、編み物やオシャレなハンドメイドを手作りする時などに使っている方もの多いのでは。

私もよく使うんですけど、100均にも麻紐は売っていますしね。

 

現在でも麻紐は広く一般的ですが、100%が大麻ではありません

大麻・苧麻(カラムシ)・マニラ麻などの繊維の総称を麻と呼ぶため、それらの繊維で作られた紐を麻紐とされています。

 

そんな、繊維素材でメジャー麻紐ですが、昔は繊維素材は簡単になんでも手に入らなかったので、大麻の繊維はとても重宝される存在で身近な道具でもあったんです。

薬としても使われてきた

『医療用大麻』と聞くと、元女優の高樹沙耶のイメージがあるかもしれません。
医療用大麻の合法化の解禁を訴えて参議院議員選挙に出馬しましたが、大麻の取締法違反によって逮捕されましたよね。

大麻に含まれるカンナビノイドという成分が、認知症予防やがんなどに有効とする声があり、アメリカなど国によっては医療目的で大麻が使用されています。

 

というのも、大麻は中国やインドでは薬としての紀元前から使用されていたとされいるからでしょう。

日本でも60年ほど前まで、鎮痛剤、鎮静剤、催眠剤として認められていて、医学が発達するまで実際に薬として活用されてきた存在でもあるのです。

実は大麻の実を食べている

食品として

食品

大麻を食べると聞くと変な感じがするかもしれませんが、大麻の実はいまでも七味唐辛子の中に入っているんです。

もちろん、危険性の低い品種の実を使用しているので心配ご無用。
加熱処理などで発芽させて栽培できないようにもされています。

 

なぜ、七味唐辛子の中に含まれているのかというと、風味の良さとバランスの高い栄養素が含まれているからでしょう。

良質のタンパク質、必須脂肪酸、ミネラルなどの要素がバランスよく含まれた、まさにスーパーフードと言える存在!!

 

『麻の実』は現在でも、七味唐辛子に限らず健康と美容食品として用いられているほど注目されているのです。

大麻の危険性

ここまでは、大麻の良い面に注目してきました。

しかも、日本で栽培されていた大麻の品種には、向精神作用のもとになる成分が低く煙にして吸うといった文化はなかったといわれています。

繊維素材や食品として使うのは、主に茎や実でしたしね。

 

時代と共に、大麻の陶酔成分を強化しより強い向精神作用を及ぼそう大麻への品種改良が産業目的で進められていきました。

この時代の流れによって陶酔成分が強化された大麻の、は別物のように悪影響を及ぼすものとなってしまったのです!!

大麻の花と葉

大麻の花と葉は危険

そもそも、大麻の使用が法律で規制されているのは、比較的最近のこと。

1948年には、大麻取締法で規制されるようになりました。

 

さらに、厳しく規制を強化するために、国際条約がもうけられました。

外務省のホームページでは以下のようにされています。

国際的な薬物対策への取組みを強化すべく,従来から薬物関連諸条約の整備が進められ,1961年には麻薬単一条約が,1971年には向精神薬条約が,更に1988年には麻薬及び向精神薬の不正取引条約がそれぞれ採択され,多数の国が批准を行っております(我が国は既に上記3条約とも批准済み)。

外務省

つまり、いまから70年ぐらい前に大麻は麻薬として禁止され、その約13年後に国際条約によって規制されることになったのです。

それまでは、主に茎や実を活用するためにごく一般的に栽培される普通の植物だったわけです。

 

 

しかし、大麻は茎や実に比べて、断然!!花や葉に向精神作用を起こす、『カンナビノイド』が多く含まれています。

 

向精神作用

それに加えて、品種改良された大麻に含まれているカンナビノイド成分のさらに細かい分画になる「トラヒドロカンナビノールテ」が多いので、陶酔感などの向精神作用が強くでるため、より危険視されるようになったわけです。

向精神作用とは、中枢神経に作用し精神機能、つまり心に影響を及ぼすこと。
特に音楽が繊細に聞こえたり、食事がより美味しく感じたり、身体が浮いているように感じたり、リラックスできた気分になると感じる。

ミュージシャンなど、音楽関係の人が大麻の使用や所持で逮捕されるのはそのためなんですね。

あくまでも、カンナビノイドの作用によって脳で起こる薬物反応なので、感覚的に研ぎ澄まされたように感じても一時的なものに過ぎません。しかも、それなりのダメージを与えていきます。

 

 

依存性

そして何よりも大麻の恐ろしさは、依存性が高いことです。

依存性は、何度も繰り返し使用することによって、同じ量や回数では満足できなくなり、
使う量や回数が増加していくこと。さらに、使い続けなければ落ち着かなくなり、自分でもコントロールできなくなってしまう状態。

 

 

つまり、いままで感じたことのないような感覚になり、それが病みつきになってしまうのです。
なくてはならないような存在になってしまい、もはや自分自身が支配されている状態に。

人によっては、さらに刺激を求めて覚せい剤などの薬物のきっかけになる場合も…
しかし、覚せい剤は止められても、大麻は止められないというほど依存性が強いとさえ言われています。

もはや、大麻の奴隷になっていますのです!!

 

 

タバコの方が害も依存性も強いので、大麻の方が安全であると考える人もいます。

しかし、英国のある大学の大麻の研究では、アルコールや精神安定剤、幻覚誘発剤と同じ特性の多くをもっているとしています。

さらに、運転能力を著しく低下させことや、統合失調症などの精神障害を引き起こし、タバコの5倍以上のダメージを肺に与えるといった結果がでているのです。

 

タバコと違って、明らかにカンナビノイドの作用によって脳がやられます!!

 

確かに、タバコも「百害あって一利なし」ですが、大麻の場合は向精神作用が働いている間に車の運転をすれば人を巻き込んで事故を起こす可能性もあります。

さらに、アルコールと合わせて使用するれば自制心が効かなくなり、暴力や性犯罪などにつながる要因となるため、自分と他人を傷つける原因ともなることでしょう。

 

 

確かに、いつも以上の自分になれるような感覚になったとしても、それ以上の害を身に受けることになるのは間違いなく自分でしかないのです。

そして、大麻を使用して逮捕された人は、その依存性に駆られて再犯でまた逮捕といった流れになることも多いため社会復帰に苦労しているのが現実…

その後の人生を立ち直るのにどれだけ力がいるのか、想像を絶するものがあるということを理解する必要があります。

きっかけは若い人が多い

以外にも大麻を初めて使い始める人で多いのが、「高校生」なのです!!
早い人だと、「中学生」だったりすることも…

確実に、若年化しているのです。

 

そんなお金が無いはずなのになぜ??
と思いますけど、きっかけは大麻を使用している先輩に誘われて興味本位で試してそのまま依存していく…

といった流れです。
友人や先輩に誘われて始めるのが、そのドロ沼へのスタートになってしまうんですね…

 

若ければ若いほど、身体は素直に反応するため向精神作用も強い場合があるのですが、その分依存性も強くなります。

しっかりと、大麻の危険性と長い目でみた人生に及ぼす結果をしっかりと理解し、またそれを若い人にも理解してもらえるようにしていきたいですよね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
気をつけたい事
シェアお願いします
よろしければフォローもお願いします
災害対策know the

コメント

トップへ戻る