2500万人が失業の危機!!AIと機械の進歩で職を失う人々…

AIやロボットによる失業問題...

近年のAI(人工知能)の技術の発展は目覚ましく、様々な分野での仕事を人型ロボットやAI(人工知能)がこなすことが可能になってきました。

嬉しい発展の反面、多くの人が職を失うことになるので人によっては受け入れがたい状態となり得ることとなっています。
皆さんの仕事は大丈夫ですか??

広範囲にわたるAIやロボット技術

AI(人工知能)やロボット技術の進歩のおかげで、様々な分野で活躍してきているのは子供の頃に夢見た世界。
映画や漫画の世界で憧れていたような環境に、日に日に近づいているのが現状です。

でもその発展も喜ばしい反面、なんだか寂しくなるように感じませんか?
人間関係のトラブルは確かに、大きなストレスを生み出しているため問題の引き金になっていますが、機械とコミュニケーションを取らなくならないといけないと考えると、本能的に受け入れがたい一面もありますよね。

 

さらには、つい数年前までなかったような失業問題へと発展してもいます。
むしろ一番厄介な問題と言えます。

 

と言いますのも自分が、その問題の経験者だからです。
会社から「科学技術の発展のための廃業宣告」を受けたからです!!

一件一件足を運んで設備を確認している仕事で、つい数年前までは高給取りの仕事とさえ言われていた仕事だったのに…(涙)
日に日に仕事は確実に減っていき、その仕事はコンピューターが自動で管理しています。

 

しかし!!皆さんも他人事ではないかもしれないですよ。
これが、現代ならでは現実問題だからです!!

AIやロボット技術の進歩による今後の失業率

AIによる失業

約2500万人が、AI(人工知能)やロボット技術のために失業するというデータがあります。

10年~20年後には、49%の人が機械で代替え出来てしまうことになるのです。
恐ろしい比率ですよね…
約半分の仕事がAIに代わっていくのです。

 

大げさな話に聞こえますか??
確かにそう感じるかもしれないですけど、ここ数年の間に起こった科学技術の進歩について考えてみてください。

携帯もガラケーからスマホに代わりパソコンもタブレットとスマホの勢いに押され、さらにはそのスマホもAI化して会話ができるレベルになっています。
車もハイブリッド車が出たと思ったら今度は電気自動車、さらに自動運転車が本格化してきているではないですか!?

これって、ちょっと前には夢のような話しがあっという間に発展を遂げている身近な氷山の一角の一部の分野にしか過ぎないのではないでしょうか??
結構気付かないところで、すでにAIは活躍していっているのですから。

 

では、現実問題とどのような仕事が危ぶまれているのでしょうか。

様々な仕事がなくなる??

AIによって危うい職業

どんな仕事がなくなるのかと言うと、データの分析や一定の法則のある仕事は早い段階でなくなると言われています。
パッと思いつくのは工場の設備のイメージですが、AI(人工知能)の進歩は広範囲に影響がでます。

 

スーパーのレジ、銀行などの受け付け、飲食店や施設の案内係、電話オペレーターやクレーム対応などは、AI(人工知能)と人型ロボットがメインになっていくとされています。

 

また、ルート配達タクシードライバーなども、無人化が進んでいくようです。
現に、自動運転車が現実味を帯びていることからも想像がつきますよね。

新聞配達郵便配達も、紙ベースから電子化するようになっていきなくなっていく方向になる可能性が高いらしいです…

プログラマーも、お決まりのプログラミングはAI(人工知能)の得意分野なので、創造性のないものに関しては人間の出番はなくなり機械に丸投げになるとも言われています。

 

人型ロボットは、人口筋肉開発があっという間に進歩してきているので、人間そっくりの見た目と表情も徐々に作り出しつつあるので、接客業はAI(人工知能)をもった人型ロボットが占める場所へと変化していきそうですね…

世界初のロボットの働くホテルとしてギネス認定されている、「変なホテル」がその先駆けとなっていますよね。

まさに、映画のワンシーンが現実になっている現実的光景…

 

大手会社に出勤したら、受付は女性の人型ロボットが座って対応していて、社員の大半もAI(人工知能)と人型ロボットで、上司ロボットから適格な支持を受けて仕事を始める…
そんな状況を想像したくないですが、世の中はそうした流れになっているのが現実みたいです。

思わぬ仕事も失業か…

AIによって危うい職業パターン2

職人業のような仕事も、変化の色を見せていきそうです。

ネイリストは、機械で対応可能とされているので、開発が進められている分野の一つとなっています。

 

建築の一部も、ロボット技術が進歩していけば可能とされていくようです。
壁紙を貼ったり、塗装をしたりする事が機会任せの仕事へと変わっていくかもしれないのです。

さらに、細かい作業の制作は、3Dプリンターの性能の向上で作れてしまうため、彫刻作品などの手作業の職人仕事を機械が可能にしてしまうのです…

 

AIや機械が攻めてくる職業

・スーパーのレジ、銀行などの受け付け、飲食店や施設の案内係、電話オペレーターやクレーム対応などの接客対応の仕事

・ルート配達やタクシードライバーの決まったルートを走る運転

・新聞配達や郵便配達は電子版へと移行していく影響

・幅の狭い限られたプログラミング作業をしているプログラマー

・ネイリストは機械の性能が上がればワンタッチになってしまう

・壁紙を貼ったり塗装をする作業もロボットに奪われかねない

・彫刻作品も3Dプリンターでだれでも簡単できる時代になってきている

 

今後必要とされる仕事

デザイナー

なんだか暗くなるような雰囲気が漂いそうなので、今後明るい見込みのある仕事について考えましょう。

0から1を創り出す創造性が必要な仕事は、AI(人工知能)には不可能されているので、そうした人間だからこその発想を中心とした仕事は、今後の見通しは明るいです。

 

AIが早い段階で導入されている職の一つが株式売買でした。
いまでは、ビットコインやFXでも使われているので言わずと知れた存在ですよね。

だからこそ、AIの弱点も浮き彫りになったのがリーマンショックです。
過去の膨大なデータから先を予測する事はできても、突然の出来事には対応しきれなかったわけです。

もちろん、そうした事例を覚えさせていくことでAIはさらに進歩していくのですが、やはりポイントなるのは人間だからこそできる洞察力や発想力、そして感情は機械に負けることはない貴重なものですからそれを生かせばいいのです!!

発想力勝負!!

AI対策職業を探る

例えば、デザイナーやコーディネーターは独自の発想が必要な分野ですよね。
Web、インテリア、ファッション、フード、メイクなどはそうした分野での需要は大きいです。

 

お決まりのプログラミングコードはともかくとしても、個性や感情を込めての開発作業は私たちの専売特許です。

もちろん、ありきたりのものではない発想が求められますがその点を意識してプログラミング言語の幅を増やしたり、さらに追及していくエキスパートを目ざしていくなら職を奪われることはないでしょう。

Web関係では、ゲーム開発アプリ開発も人材が必要な仕事となっています。

特にこのWeb関係は、万年人材不足といわれていますから今からでも遅くはないので、転職して少しずつ技術を付けていくのもありですね。

この手の仕事を探すなら、Web関係の職に特化したマイナビクリエイターがおススメです。
こちらは、量よりも質にこだわって紹介してくれるので、ブラック企業も多いWeb業界のなかで信頼度の高い仕事選びを助けてくれます。
登録は無料なので、気軽に登録できますよ。

 

Webクリエイターの転職ならマイナビクリエイター!!


 

他にも、現代技術を逆手にとってドローンを使った仕事も幅が広がっているので、そうした分野に切り込んでいくのもいい方法かもしれません。
自動での作業が多いように思えますけど、人間ならではの観点からの撮影などは簡単にAIでどうにかできるものでもないですから。

 

他にも、作家記者などの仕事もその状況に合わせて発想が求められる仕事ですから、AI執筆の本やドラマが作成されたとしても同じ人間の心に訴えることのできる作品は譲ることはできない分野といえるでしょう。

感情があってこその仕事

獣医を含む医療介護関係も一部は、AI(人工知能)やロボットの入る余地があっても、感情があってこそ成せるものです。
そして何よりも、命が関わる分野において絶妙な判断が必要ですから人間の手だからこそなしえる仕事ですよね。

そうした点では、教師保育士も同じ事が言えますね。
保育士の求人はいまでも必要が大きい分野なので、先に手を打っておくのもいいかもしれないです。

医療や保育士の資格のある方なら、専門の求人サイトに登録しておけば情報をLINEなどで連絡しくれるサービスがある、ジョブメドレーがおススメです。

正社員として採用されたりするとお祝い金制度があるのも魅力です!!
こちらも、登録無料となっています。

 

登録無料でお祝い金ももらえる!保育士の転職ならジョブメドレー

 

 

芸術の業

インストラクターアーティストも、0から1を作り出していく作業はなくなる事のない仕事です。
だからといって単純なものはAIでも可能なので、ここでも個性と真剣に取り組む精神は欠かせない要素となっています。
複雑かどうかではなく、シンプルなものでも奥深さと味わいを生み出していくことが大切になっていきますね。

 

また、彫刻作品は危ぶまれている職業に取り上げましたけど、伝統芸術は真似た物や大量生産は機械の得意分野ですが、人の手によるものだからこそ作り出される代物は1点ものとしての価値があります。
3Dプリンターにはない作品を作り出していくことで、機械やロボットにはできない人間の手による精工さや芸術性が発揮できるなら、いつの時代も変わらない価値を生み出し続けてくれることでしょう。決して簡単な分野ではありませんけど…

 

そして何よりもこれから必要となるのが、AI(人工知能)やロボットを管理する側に回れれば、需要は高まっていくこと間違いなしです。
どうしても管理や修理、修復作業が必要ですからね。
自分でどうにかできるわけではないですし故障もしますから。

普及が進めば進むほど、ロボットやAI界の医師となるエンジニアの需要も高まりますからいまからその知識を高めておくことも失業危機を乗り越える一つの手段ですよね。

AI対策の職業

・Web(ゲーム開発やアプリ開発)、インテリア、ファッション、フード、メイクなど創造性のあるクリエイティブな仕事はこれからも必要性と需要が高い

・ドローンを使った仕事は一見するとなくなりそうだがアート性が高い分野でもあるのでAIや自動ロボットに取られる可能性が低い

・作家や記者はAIでは思いつかない発想力が勝負なので分がある

・獣医を含む医療や介護関係は命に関係する仕事なので機械任せにはできない職業

・教師や保育士は教える仕事+感情があってこその職業。臨機応変さも必要とするのでAIやロボットでは出来ないことが多い

・インストラクターやアーティスト、伝統芸術は人間ならではの観点がものをいう部分が多くデータでは収まりきらない職業である

 

 

AI(人工知能)やロボットでは手に入らないものを!!

人間だからこその特性

AI(人工知能)やロボット技術は、「日進月歩」ならぬ「秒進分歩」の現代ですが今すぐにガラっと変わるものではありません。

でも、確実に開発は進められているので、今後の変化についていく必要があるのは間違いないことです。

ですから、人としての感受性や感情、発想力は最も価値のあるものとなります。
動物や機械には無い、特性や個性をいまから磨いていく努力をしていく事はこの先の時代の変化にしっかりとついていくための備えとなる事でしょう。

 

飛躍的に進歩するAI(人工知能)やロボット技術に職を奪われてしまう可能性があり、AI失業を念頭において長い目で早めの転職を考えておく必要があると感じる場合は、転職のプロに相談してサポートしてもうのも賢明な手段の一つといえます。

 

転職なら【DODA】

 

少しでも早い方が、スキルが身に付くのも早いですからね。
展開の速い時代の流れに呑み込まれてしまう前に、行動を起こしていきたいと思います。

そして、日頃から指示待ち人間になるのではなく先を見据えて行動する気配りのできる人間になることも、いまよりも重要なスキルの一部となるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
生活のトラブル
シェアお願いします
よろしければフォローもお願いします
災害対策know the

コメント

トップへ戻る